毎日が月曜日
のんびり床屋とチビとRO
453 今後の計画
このインチキ臭さが



癖になる…??

床屋です こんにちは





レベル175まで220超Gの経験値 と発表されてガクガクブルブルする今日この頃

「今どう動くべきか」というのは 全容が発表されてから なんだけども


ここでとる方針は二つ

A案
1キャラをしっかりとレベリングしつつ、デスペナ上等な他のキャラで日課周回

B案
同じ時間でサブ垢のテコ入れを優先し、日課密度の上昇



この二つ となる


「あと一週間したらレベリングが始まる」
「レベリングが始まるとどうなるの?」
「知らんのか?」
「(デスペナ補填の)レベリングも始まる」


これに耐えれるユーザーがどれほどいるのか?

これを試されてる気がしないでもない



A案は王道

運営が望む通り、ひたすらに狩場に出かけ 頂点を目指して苦行する

165-175までの労力に見合った効果が得られるのであれば、そりゃ進むしかあんめぇ

問題は「今か?」という部分



B案は邪道かもしれない

推奨する流れを捨てて、レベリングで盛り上がるであろう環境に乗じて 現状の金策をより強化

今回の上限解放を、実質165までの緩和 という見方で見る

正直、「今は」これが正解のような気がしないでもない


175までの緩和はこれから順次入ってくるような気がするってのと、1hの使い方って面では金銭(=強化)の効率だけで見ればこっちが有効な気がするんよねぇ



んー…



話を変えて

必中である ということについて



クリティカルや必中スキルは要求HITに左右されない

要求HITが高い相手もちらほら増えてまして、「当たるという火力アップ」も意識しなければならなくなって来ている

(自HIT÷要求HIT×100)+5 単位は%

実際の命中率はこんな感じ


70%ほど当たる とかの場合

例えばダメージ倍率400%の攻撃があったとしてね?

100%命中 400%
70%命中 280%(-120%)

のDPS計算になる


例えば 1800%の某スキルがあったとしてね?

70%命中 1260%(-540%)

倍率が高ければ高いほど、当たらないことでのロスというのもでかくなるわけですなぁ…


こんな奴もおったねぇ…


これを踏まえて

火力装備の倍率を優先すべきか、要求HITを満たすことを優先すべきか

よくよく考えないといけない

絵に描いた餅では腹は膨れんのですよ…

以外と当たってないことでのロスが大きかったりする相手がおるかも知れんよ?



あてていこう



似たような話で

何割当てるか?どれだけ倍率を盛るか?のさじ加減と同じように

どれだけ属性耐性を取るか?どれだけ物理耐性を取るか?のさじ加減も考えていかねばならんのです

これは

立ち位置(役割)がすごく関係して、繊細なチョイスが必要なところ

ざっくりいうと

前衛は相手により優先度を変更
後衛は範囲攻撃に対しての耐性を優先





個人的には

物理系で即死することよりも範囲魔法系で即死するパターンが多い気がする

無属性耐性90%以上必須、とか聞かないからね(金剛は90%カット)

属性耐性ははっきりいって物理耐性よりとりやすいわけだし、後衛は自前で耐性取るのがドレスコードじゃないの?と思ってる

極々一部の状況にだけ合致するけど、完全回避100が欲しい場面もある

中途半端に構成しても、生き残れない狩場がここにある…



役割を全うするためには、最短で真っ直ぐに一直線 仕事内容を決めたほうが 精度は上がると思うのね

現代社会において、求められる人材は「なんでもそこそこにこなす」ではなく「何かに特化する」ではなかろーか?

特化した先が需要に見合ってなければ、面接で落とされ採用されないわけでしてな…



自分の役割を見つめ、それを最大限にこなす それがチームワークってもんですよ

わかったか後輩!就職内定おめでとう!!コンチクショウ!!!
なんの話やったかね?(痴呆
スポンサーサイト
コメント
コメント
ただワイワイやりたいだけって人も居るであろうとこがPTの難しいとこですよね。
組織になりすぎると余裕なくなるし、ワイワイやるだけなら報酬もそれなりだし…
自分がトップに立つなら誘導しやすいですけど、そうも行かないですからねぇ
2017/07/20(木) 12:16:53 | URL | えりふ #- [ 編集 ]
Re:
えりふさん

ヒーローがいなければ 君がヒーローになればいい

という歌詞を思い出しましたわ…

あとは任せた
2017/07/25(火) 17:37:40 | URL | 床屋 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tokoyasanti.blog.fc2.com/tb.php/604-b383bae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック